preppyの意味と使い方、服をきちんと着る人に対してよく使うスラング

preppyという形容詞はアメリカの高校や大学でよく耳にする言葉です。preppyはprep schoolに由来する形容詞です。prep schoolとは良い大学に入るための私立の高校のことで、そのような学校に行きそうな人をよくpreppyと言います。preppyな人はよく上質な服装をしています。イメージとしてはポロシャツを着てローファーを履き、髪の毛をきちんと整えている人です。僕が考えられる中でpreppyな有名人は、ウイリアム王子、タイガー·ウッズ、マット·デイモン、ダニエル·ラドクリフです。しかし、この言葉には、必ずしもポジティブなニュアンスがありません。甘やかされているお金持ちの若者に対してもよく使われています。その理由で、「お坊ちゃま」や「お嬢さま」という日本語に近いと思います。 Why do you always wear such preppy clothes? どうしていつもそんなにお坊ちゃま風の服装をしているの? What do you think the preppiest brand of clothing is? 一番上質な服飾ブランドってどこだと思う? When I visited Yale, I saw loads of preppy people. イェールを訪れたとき、お坊ちゃまをたくさん見たよ。 preppyとpreppiesはたまに名詞としても使われています。 Preppies like to vacation in Maine. お坊ちゃまはメイン州で休暇を過ごすのが好きだ。

red tapeの意味とは — 18世紀以来使われ続けてきたフレーズ

文字通りにred tapeは赤いテープという意味ですが、通常程度の過ぎる官僚主義または不必要で規則への執着を指すときに使います。例として、red tapeを使った文章を2つ挙げておきます。 I tried to set up a business in France, but there was so much red tape I gave up. フランスでビジネスを立ち上げようとしたんだけど、官僚主義がひどくて諦めたんだ。 If we pass that law, it will just create more red tape. その法を通過させたら、官僚主義がもっとひどくなるぞ。 通常、red tapeは軽蔑的な意味合いをこめて使われています。特に、企業が政府と仕事するときによく使われているフレーズです。また、英語圏の政治家は官僚主義を衰退させてビジネス環境を改善させることについて論じているときにも、red tapeを使います。red tapeの起源は18世紀です。その頃、多くの公的文書を赤いテープで縛っていました。 If we want business to succeed in our country, we need to cut more red […]

cute — 必ずしも可愛いという意味ではないです。

間違いなく多くの人がcuteという単語は日本語の可愛いと同じように使われると思っているでしょう。例えば、可愛い子犬や子猫を見た時、または子供が可愛いことをしていたりしたときには、cuteという単語を使うのにピッタリです。言い換えれば、どんな種類のものであっても可愛い行動、可愛い人または物に対して説明したい時にcuteはとても良い単語です。

 Oh my God. What a cute kitten! やばい。その子猫めちゃ可愛い! That’s such a cute teddy bear. そのクマのぬいぐるみめちゃ可愛い。 可愛いものを表現するのに役に立つ英単語はたくさんあります。 「かわいい」は英語でどういうでしょう? 賢いを意味するcute しかしながら、cuteという単語は元来はcunning(悪賢い)またはclever(賢い)という意味であったことをご存知でしたか。cuteは実はacute(鋭敏な)という単語を縮めたもので、賢いまたは抜け目がないという意味もあるのです。cuteはまだに時々こういった意味で使われることがあります。特に、誰かが表面的にのみ賢いこと、または自分本位で何か賢いことを言ったときに使われます。 Don’t get cute with me. そういう賢い口癖を私に言うのはやめて。 That’s a cute idea. それは賢いアイディアでしょう。 かっこいいを意味するcute 最後に、cuteという言葉はハンサムな男性や美しい女性について話すときにも使うことができます。この場合、cuteはgood-looking(かっこいい)や hot(セクシーな)という英単語と似ています。 There are so many cute girls in my Spanish class. スペイン語のクラスには魅力的な女の子がいっぱいいる。 Sebastian is so cute! I can’t believe he is going […]

out of sortsの意味とは、具合が悪い時に使うフレーズ

季節はもう秋で風邪を引いている人が多いですね。今週は out of sorts(気分が悪い)というフレーズについてお話したいと思います。このフレーズは初めて聞く場合にはとても理解しづらいかもしれません。out of sortsは具合が悪いときまたは気分が良くないときに使われます。例えば、もし気分が良くないときにどういう気分か尋ねられたら、out of sorts と答えることができます。 How are you today? I’m feeling quite out of sorts. 今日は調子どう? 気分が優れないよ。 out of sortsは大変具合が悪いときには使いません。風邪の様な軽い病気の場合に使います。この場合、out of sortsはunder the weather(体の具合が悪い、気分が悪い)というフレーズにとても似ています。 out of sortsは惨めな気分なとき、または機嫌が悪いときにも使うことができます。 I didn’t mean to get angry. I’m a bit out of sorts today. 怒るつもりはなかったんだよ。今日は少し機嫌が悪いんだ。 ひとつ注意しておきたいことはout of sortsはインフォーマルな英語だということです。しかし、“How are you today?”(今日はどう?)という質問への一般的な回答であるので、覚えておく価値があります。 out of sortsの語源 昔は全ての印刷は手で行われており、それはとても骨の折れる工程でした。sortsはフォントを作るために必要な活字プリンターの小さな部品のことでした。sortsが十分にあれば活字プリンターは着実に動作することができましたがsortsを使い果たしてしまうとそれ以上の仕事ができませんでした。多くの印刷屋は一日に生産することのできたページ数によって支払いを受けていたため、通常 out […]

英語のcalque – なぜ枕詞と武術は両方ともcalqueなのか?

言語学において、calqueとは逐語的に、つまり一語一語同じ言葉を使った翻訳を通して他の言語から借用した単語またはフレーズです。英語にはたくさんの面白いcalqueがあります。例えば、中古品を売る野外市であるflea market(ノミの市、古物市)はフランス語のmarché aux pucesから来ており、これは market with fleas(ノミのいる市)という意味です。この理由ですが、この名前はもともとノミがいる可能性のあるような粗末な中古品を専門としたパリの市場につけられた名前だったのです。 一般にみられるcalqueとしては他にパソコンの mouse(マウス)があります。パソコンの mouse(マウス)は英語における動物のmouse(ネズミ)から来ています。そして多くの他の言語にはドイツ語のMaus(ネズミ)のように、この単語のcalqueがあります。日本語ではmouseはマウスですね。しかし、もし日本語にパソコンのmouseのcalqueがあったらそれはきっとネズミだったでしょう。なぜならそれがこの英語の文字通りの正確な翻訳だからです。 英語におけるのcalqueの多くがフランス語と中国語から来ているようです。例えば、喉仏を意味するAdam’s apple(アダムのリンゴ)はフランス語のpomme d’Adam(喉仏)ののcalqueです。見かけだけ強いという意味のpaper tiger(紙の虎)は中国語の紙老虎(張り子の虎)から来ています。春巻きを意味する spring roll(春の巻物)は春捲(春巻き)のcalqueです。洗脳を意味するbrainwash(脳洗い)は洗腦(洗脳)から来ています。これらの単語は日本語でも使われていますね。 日本語に直接由来するcalqueがあまりないということは驚きです。一例としてpillow word – 枕詞、そしてmartial art – 武術があります。最近では、草食男子のcalqueであるherbivore man(草食の男)というフレーズが使われていますが、あまり流行りそうにありません。将来的に日本語から来たのcalqueの英語が増えるといいですね。

英文法イメージトレーニング

この教材をザックリいうと ネイティブが直感で使っている文法感覚が身につく 各文法と自分が言いたい英語が関連付けられる イメージで文法の基本ニュアンスがわかるので嫌にならない 穴埋めしながら覚えるので結構面白い 会話や音声を使って勉強するので文法書とは別物 ⇒ 英文法イメージトレーニングを公式サイトで確認してみる 英会話を主とする教材の販売ページに必ずと言っていいほど書かれている英文法不要論ですが、断言しておきます。英文法の勉強は英会話には必須です。私は英文法は絶対に必要だと思っている英文法ガチガチ派なので、「文法は勉強しましょう」といつも書いているのですが、学校のテスト勉強のようにとにかく全部覚えるというのも効率が悪い話でして、この辺は難しいのですが、「話すための英文法」「会話に必要な英文法」を効率よく勉強するというのが正解かと思います。今回紹介する英文法イメージトレーニングはそこにスポットが当てられている結構珍しい英語教材大手アルクの教材です。商品名英文法イメージトレーニング価格36,000円 (税込)返金保証なし内容イメージで理解、センテンスで確認、会話に挑戦の3ステップで話すための英文法を理解し、自分の話したいことと文法を紐づける。内容物コースガイド1冊、テキスト4冊、CD6枚、マンスリーテスト4回、別冊『文法ハンドブック』1冊学習期間とペース標準学習期間は4か月で16テーマ、1回40分を1週間に4レッスンのペースで学習します。

各世代の名称を英語で何と言うでしょう? – 沈黙の世代からZ世代まで

アメリカでは、各世代の特徴と傾向を基にして世代毎に新たな名前がつけられています。古い世代の名前の方が、X世代またはZ世代の様な創意に欠ける名前を持つ近代の世代の名前に比べ、より面白いようです。おそらく将来的には、これら新しい世代にも面白い名前がつけられるのだと思います。 1900年生まれ Lost Generation (失われた世代) Lost Generation(失われた世代)は第一次世界大戦の間に生まれました。この Lost Generation(失われた世代)というフレーズはガートルード・スタインとアーネスト・ヘミングウェイによって造り出されたものです。これはこの世代が disoriented, wandering, directionless (方角を失い混乱し、さまよい歩き、あてもなく漂流している)と感じていたということを示しています。戦後初期の時代に戦争を生き残った人々の中に大きな混乱と明確な目的のない無方針感があったことを示しています。 1900年 – 1925年生まれ G.I. Generation (G.I.世代) この世代は大恐慌の間に生まれ第二次世界大戦において戦争に参加しました。G.I.はアメリカ陸軍で兵卒を表すのに使われていたものです。 1925 – 1945年生まれ Silent Generation (沈黙の世代) The Silent Generation(沈黙の世代)は silent(無口)と呼ばれています。なぜならこの世代の多くの人々の考えは積極行動主義よりも自分自身の仕事上の経歴に集中されていたからです。この世代の人々はよく社会的な規範を遵守しようとしましたし、思い切った発言や直言をすることに危険を感じていました。 1945 – 1965年生まれ Baby Boomer (ベビーブーム時に生まれた世代) baby boomers(ベビーブーム時に生まれた世代)は従来の価値観を拒絶したり、そこに新しい定義を与えたりする事と結び付けて考えられています。グループとして、baby boomers(ベビーブーム時に生まれた世代)はそれまでの世代の中で最も裕福で、最も活動的で、最も肉体的に健康な世代であり、世界が時間とともに改善することを心から期待しながら成長した初めての世代です。この世代の特徴のひとつは、自分たちを以前の世代たちと全く異なる特別な世代であると考える傾向にあったということです。 1965 – 1980年生まれ Generation X (X世代) Generation X(X世代)を構成する人々は社会的な価値観の変化にあたる時期に子供であり、ともすれば子供として大人の管理保護を多く受けなかった世代です。この世代は事業家的な傾向があると信じられています。Xは未知の変数または型に嵌められたくないという願望を表しています。 1980 – 2005年生まれ Millennials (ミレニアルズ) Millennial(ミレニアル)はベビーブーム時に生まれた世代の産んだ子供であることが多いです。Millennial(ミレニアル)の特徴は社会的そして経済的な条件によって地域毎に様々ですが、この世代は概してコミュニケーション、メディア、そしてデジタルテクノロジーの使用および精通性が前世代たちに比べ多いことが特色とされています。大不況(リーマンショック)はこの世代に多大な影響を与えました。彼らは2000年より後に成人したためにミレニアルと呼ばれています。 2005年以後 Generation […]

ミリオン・ボキャメモリーに関するQ&A

よくある質問Q&A初心者向きですか?Q&Aこの教材を習得したら、具体的に、単語的にはどのレベルくらいになるのでしょうか?TOEFLなら何点くらいとか、英検なら何級くらいとか、大学受験なら、MARCHとか。。。この教材は、試験用につくられているのでしょうか?それとも英会話習得向きにつくられているのでしょうか?

snowflakeは雪片という意味ですが、最近流行のスラングになりました。

snowflakeは最近とても人気となったスラングです。政治的な議論やアメリカのテレビ上で使われているのがよく聞かれます。トランプが大統領に当選して以来特に人気になりました。snowflakeというスラングにはいくつかの異なる意味があるのですが、ポジティブなものもあればネガティブなものもあります。 snowflakeはふつうは雪片という意味ですが、雪片はひとつひとつ同じものが無い唯一独特のものなので、よく人々の独自性について触れるときに使われます。 We are all special snowflakes. We are all unique, and we all have special talents. 私たちみんなが特別で個性的な存在さ。みんなユニークで、みんな特別な才能がある。 special snowflake このsnowflakeという語の使われ方はポジティブです。しかしながら、Fight Clubという作品の本および映画以来snowflakeとspecial snowflakeはネガティブな意味で使われ始めました。special snowflakeがネガティブな意味で使われるときには、自分をあり余るほどの称賛と敬愛に満ちた特別な経歴に値するとても特別な人間だと思っている人々のことを指します。 Alexa is a special snowflake. She thinks that she is too good for this job. Alexaは自意識過剰なやつでさ。自分はこの仕事には出来すぎた人間だと思っているんだ。 generation snowflake generation snowflakeというフレーズもまたよく使われます。これは前の世代たちに比べて快活さが無く怒りっぽいと見られることもある今日のアメリカにおける現在の若い世代の人々を示す言葉です。

 Trump and snowflakes ここ2年間で、snowflakeという語はとても政治的な色を帯びるようになりました。政治的右派の人々が左派の人々を侮辱する用途で使われることが多いです。この場合、snowflakeは感情を害しやすく自分たちの派と異なる意見を処理することができない左翼の人々について言及しています。 There are so many snowflakes in this […]

mansplain、man cave、manspread ー 男性と関連した行動を説明する3つのスラング英単語

最近manを語中にもつスラング英単語がメディアで話題であり日常会話の中でよく使われています。これらのスラングは男性と関連した行動やものごとを表します。 mansplain mansplainingは男を意味するmanという単語と説明するという意味のexplainingという単語が合わさったものです。これは男性が女性に対して優越感を感じつつわざと親切にまたは恩着せがましく何かを説明するというときに使われています。これは特にその女性が説明している男性よりもその話題についてよく知っているときに使われます。mansplainingは説明をしている男性がうぬぼれが強く無知なので説明をやめてほしいというときによく使われるのです。 Please don’t mansplain this to me. I already understand it! うぬぼれた説明はやめて。もうわかってるから! manspreading manspreadingは公共の交通機関で男性が足を広げることを表す動詞として使われています。manspreadするとき、2席以上を占領することが多いです。アメリカの公共交通機関ではたまに男性にmanspreadingをやめさせるキャンペーンが行われています。manspreadingは時たま女性が公共交通機関で足を広げるときにも使われています。一方でshe-baggingというフレーズもたまに聞かれます。she-baggingとは公共交通機関で女性がショッピングバッグを自分の隣の席に置くというときに使われています。 I wanted to sit down, but this guy was manspreading. He took up three seats! 座りたかったけど、そいつが足を広げてたんだ。3席分も占領してたんだよ! man cave a man caveとは、男性の好きなインテリアが飾られた、男性だけでくつろぐ部屋のことを指します。典型的なman caveには、ビリヤード台、プライベートのバー、ロックのポスターがあります。自分のman caveがある男性は男友達を誘って、そこで一緒にビールを飲みながらスポーツ観戦などをします。 アメリカでは、man caveを紹介するテレビ番組がよくあります。2012年には、man caveはMerriam Websterというアメリカの辞書に記載されました。 Welcome to my man cave. Beers are in the refrigerator. 俺の隠れ家へようこそ。ビールは冷蔵庫に入ってるぜ。